第2回 ほのぼの写真展作品集<Part1>

2014. 9. 23 みなとみらい

 

時の旅人

 

 みなとみらいの朝、外国人が通り過ぎていくところをスナップした1枚です。
 ちょっと上を向いているあたりが、さすらいの旅人風で、気に入っています。
 ホワイトバランスを電球モードにして、青い世界にしています。

 

2014. 4. 4 伊勢神宮・内宮

 

聖域へ

 

 伊勢神宮 内宮の入口、宇治橋の鳥居前で撮影しました。

ちょうど太陽が鳥居に重なって、光芒が現れました。
その時、1人の参拝客が聖域へと向かって行きました。

 

2015. 1. 31 江ノ電沿線

 

浜の夕暮れ

 

 江の島近くの海岸を、小学生くらいの兄妹が走っていき、海を眺めていました。
 ちょっとノスタルジックな色味に仕上げてみました。

 

2014. 11. 23 江ノ電沿線

 

グラデーション

 

夜の海を撮影しました。海には、圧倒的な存在感があります。
肉眼では真っ暗で、手前の波しぶきがかすかに見える程度でしたが、

30秒かけて撮影したところ、

水平線と海の濃い青のグラデーションを写すことができました。

 

2014. 12. 13 羽田空港

 

夕焼けの空へ

 

 日没直後に、離陸した飛行機を、夕焼けに染まるオレンジの空を背景にして撮影しました。
飛行機は完全にシルエットになっていますが、その分、ドラマチックな一枚になったと思います。

 

2015. 1. 1 伊豆沼(宮城県)

 

初日の出

 

 今年の元旦の朝は、渡り鳥の飛来地として有名な伊豆沼へ行き、初日の出を待ちました。
 日の出直前まで雪が降っていましたが、しばらく待つと太陽が顔を出しました!

 

2015. 4. 29 新宿御苑

 

春のにぎわい

 

 八重桜も散ったころ、新宿御苑に行ってみました。

すると、様々な花が一斉に咲いていて、色とりどりの、花のじゅうたんが現れていました。
この作品は、黄色い花のじゅうたんの中から、

特に元気な花をピンポイントで狙った一枚です。

 

2014. 9. 27 東京駅

 

目覚め

 

東京駅からの日の出です。
圧倒的な光で、世界を照らし出します。
ちょうどその瞬間、街灯にとまっていたハトが飛び立ちました。
今日もまた、一日が始まります。

 

2014. 10. 25 二子玉川(多摩川の河川敷)

 

朝の雫

 

 気温がぐっと低くなってきたある秋の朝、河原の雑草には、びっしりと朝露が付いていました。
強い朝日が射し込むと、一斉にキラキラと輝き出して、まるで宝石のようです。

 

2015. 3. 7 新宿御苑(温室)

 

睡 蓮 


温室には、渡り廊下があって、下を覗くと池に浮かぶ睡蓮が見えます。

ちょうどこの日は一輪だけ咲いていました。
温室の屋根の格子が水面に映っていたので、

それとの組み合わせでデザイン的な画にしてみました。

2014. 5. 27 皇居付近


若 葉


 木の幹から、数か所、若葉が芽を出していました。
なんだか一生懸命さを感じて、どっちの芽にもピントを合わせたくなり、

多重露出(3枚の写真を合成)して撮影しました。
今頃は、もっと成長していることでしょう。


2014. 10. 4 大手町


静かにひらく
 
 東京駅と有楽町駅との間にある公園で撮影した作品です。
 背景を大きくぼかして、花びらを浮き立たせてみました。
 大都会の中でこういう光景を目にできると、なんだか嬉しくなります。


2015. 3. 28 近鉄特急の車窓(名古屋~伊勢)


天空の橋


 伊勢神宮へ向かう列車の車窓から見えた光景です。
普通の橋のはずですが、少し緑がかった世界の中、空に浮かんでいるようで、とても幻想的でした。

2014. 12. 30 二子玉川


水模様、空模様


 年末の二子玉川は、多くの買い物客でにぎわっていましたが、

河原まで来ると、思いのほか、ひっそりとしていて驚きました。
 昨年の撮りおさめは、ホワイトバランスを電球モードにして、ブルーの一枚で。

2014. 11. 15 伊東(静岡県)


光る海


 高台から海を臨むと、太陽の光を反射してキラキラと光る真っ青な海が見えました。
 全体を撮りたくなるところですが、

あえて望遠レンズで海の一部分だけを切り取って、色彩を強調しました。

2014. 6. 7 武蔵小山


水滴の舞


 大雨の夜に、自宅マンションの駐車場で撮影しました。
 水たまりに落ちた雨粒が、次々と雫を立ち上がらせていました。
 ピント位置でいい感じの雫が立ち上がるまで粘って、ようやくこの1枚を撮影することができました。


2015. 1. 31 江ノ電沿線


インディゴの空


 日没から約30分後の空を写しました。

すでに沈んでしまった太陽のかすかな明かりが、

水平線の彼方から漏れています。
 帰り際に何気なく撮った一枚ですが、深いブルーが気に入っています。

2014. 11. 23 江ノ電沿線


Wave


 砂浜に寄せては返す波を写した作品です。
 上は、カメラを固定して撮影し、

下は、カメラを波の速さに合わせて動かしながら撮影しました。

2014. 12. 6 (上)江ノ電沿線 (下)多摩川


Flow


 上の写真は、波頭の動きに合わせてカメラを動かしながら撮影し、

下の写真は、カメラを固定して撮影しました。
 どちらもスローシャッターで撮影してあり、

肉眼では見ることができない水の表情です。
 また、下の写真では、枯葉が岩間でじっとしています。

まるで、季節の移ろいを拒んでいるかのようです。

Part2へ続く